体験授業・資料請求はこちら
2024.6.27
  • イベント
  • ブログ
  • そろフェス2024団体戦に参加しました!

    そろフェスのイメージ画像

    東急田園都市線「駒沢大学」駅徒歩2分、世田谷区・目黒区の英語学童「インターナショナル・アフタースクール コトリバ駒沢校」です!
    先日、コトリバはそろタッチのイベント「そろフェス2024団体戦SORO FES 2024)」に参加しました。今回はそのリポートになります。

    世界9カ国から、45教室、120チーム、508人が参加!

    そろフェス実際の様子

    そろフェス団体戦は世界のそろタッチ教室の中から、初級・中級・上級それぞれのチームを選出して行う教室対抗のトーナメント戦です。
    コトリバは2021年からそろタッチのレッスンを開始していますが、今年初めて「そろフェス」に参加してまいりました。コトリバとしては4チームの参加です。
    今年は、世界9カ国から、45教室、120チーム、508人が参加したとのこと。日本国内の教室だけでなく、世界とつながって取り組みができるのも「そろタッチ」の魅力です。

    団体戦はトーナメントで!

    試合形式は3~4チームで対戦するトーナメント戦。2回勝ち抜くと決勝ラウンドに進める形式です。
    団体戦の競技内容ですが、大きく分けて2つ。「よーいドン!」と「いくつかな?(フラッシュ暗算)」です。

    「よーいドン!」についてはそろタッチ公式YouTubeチャンネルの動画が分かりやすいので、ぜひこちらをご覧ください!

    「よーいドン!」の説明動画

    また「フラッシュ暗算」は上級になると、2桁10口 / 3桁5口 / 4桁3口などの足し算・引き算となっており、次々と映し出される数字を瞬時に計算する、かなり高度な内容となっています。

    例えば、4桁3口の計算だと「9591」「1047」「1934」という数字が次々と映し出され、それを暗算して正解を導き出す、という問題が出題されます!

    コトリバっ子も善戦!

    コトリバでそろフェスに参加する子どもたち

    さて、気になる結果ですがコトリバは各チームとも健闘したものの、1回戦で敗退となってしまいました。一つ一つの競技ではトップを取ることもあったのですが、相手チームも強敵で、1回戦突破はなりませんでした。

    コトリバっ子たちは頑張ったよ!

    ただ、参加者には小学校中学年、高学年の生徒さんが多い中で、小学校1年生・2年生が主体のコトリバ・チームはよく頑張ったと言えそうです。また同時に、コトリバの児童たちの暗算に対する課題も見えた大会でした。
    特に「フラッシュ暗算」に関しては、これまでの取り組み上、もっと工夫が必要だと思いました。
    普段、コトリバという教室の中だけで取り組んでいると課題が可視化できないところを、大会を通じて他チームと対戦することによって見えてくるものがあります。

    「そろフェス」は今後の指導を向上させるためにも非常に有意義なイベントでしたし、この大会を通じてコトリバっ子たちをさらにレベルアップできる機会を得られたと思いますので、暗算名人をたくさん増やすために今後も充実したレッスンを提供してまいります!

    • お知らせ
    • 新規開講
    • イベント
    • キャンペーン
    • 教育情報
    • ブログ