体験授業・資料請求はこちら
2022.5.10
  • 教育情報
  • ブログ・教育情報
  • 中学校受験(英語)とコトリバ(第1回)

    英語学習のイメージ図

    世田谷区・目黒区のインターナショナル・アフタースクール「コトリバ学芸大校」です!

    今回のテーマは中学校受験についてです。
    コトリバは小学生向けの学童、およびSTEAM教育のスクールですが、今、お通いのお子様のご家庭でも将来的に中学校受験を視野に入れている方は少なくないのでは?と思います。

    そんな皆さんのために少し中学校受験の話を整理しておきたいと思い、ブログを書いています。中学受験は奥が深いので、トピックを分けながら、不定期的に記していきますね。

    中学受験における「英語」導入校数の変化

    いま、小学校では英語が教科化されています。順を追って説明すると、小学校5・6年生を対象に英語を「外国語活動」として採用したのが2011年のことでした。それが2020年度に学習指導要領が改訂されて、「外国語活動」を小学校3・4年に前倒しし、5・6年生の英語は「教科」となったわけです。

    さて、皆様は現在の中学校入試において、どれだけ英語が試験科目として導入されているかご存知でしょうか? 実は結構多くの中学校が導入をしています。

    2014年 15校
    2015年 33校
    2016年 64校
    2017年 95校
    2018年112校
    2019年125校
    2020年141校
    2021年143校
    2022年146校

     見ていただければ分かるように、年々、英語を導入する中学校が増えています。一都三県の首都圏には私立中学が約300校あるので、半数近くが英語を導入していることになります。
     なお、注意が必要なのが、ほとんどの学校が英語を必修としているわけではなく、選択制にしているということ。ですから「すわ、英語をやらねば!」という状況ではなく、あくまで「英語を選んでもよい」というスタンスであることは気に留めておく必要がありそうです。

    英語が試験科目に導入されているといって、あくまで「選択制」。中学受験のために今すぐ英語の対策を考えなければならないなどと、焦る必要はないね!
    英語で理科実験教室を学ぶ子ども

    中学受験「英語」選択の優遇措置

     着目点としては、英検取得者は優遇措置が与えられる学校が多いことです。
     とある中学では「英検資格点」・「国語」・「算数」のうち上位2つの点を採用することとし、その英検資格点においては、英検5級以上を点数化(5級:55点、4級:65点、3級:75点、準2級:90点、2級以上:100点)しています。
    この学校の場合、満点は2科目で200点、対象試験の合格最低点は92点なので、英検3級=75点を取っていれば、国語または算数で100点満点中、少なくとも17点取れれば合格できる、という計算になります。

     別の学校では「英検3級以上取得者は英語試験を免除」としていたり、また別の学校では「英検取得級による特待生制度あり」としているところもあります。

     現状、英語をやらなければ入試突破できないという状況にはありませんが、英語(英検取得)をやっておくことで、有利に入試が進められることが多そうですね。

    「英検」を取得することで、有利に受験を進められる事例もあるんだね!

     コトリバは幼児~小学校低学年のために英語で学ぶレッスンを多数おいています。また2022年度期中において、英検を取得するための対策レッスンを新規に設置する予定でおります。具体的には、英検5級を目指すレッスンとなる予定ですが、英検5級というと中学生初級レベルに相当するので小学生1~3年生のうちに取得できると、将来的にも期待が持てるレベルとなります。こういった特別レッスンも含めて、少しでも皆様のお役にたてる「学び」が提供できるようにしていきますので、ぜひご期待ください!

    コトリバ・アフタースクールの英語の特長はコチラ

    • お知らせ
    • 新規開講
    • イベント
    • キャンペーン
    • 教育情報
    • ブログ